ECCエアライン学院

  • since 1984
  • ECCエアライン学院は、高校生から社会人までエアライン業界を目指す方のためのダブルスクールです

外資系エアライン受験対策コース

<採用窓口実績>
フィンエアー・エティハド航空
<ECC生 学内企業説明会&面接協力実績>
エバー航空
<ECC生 推薦採用実績>
中国東方航空・アリタリア-イタリア航空・
エミレーツ航空

英語面接を勝ち抜くために
必要な英語力を確実に。
日本人に期待される
細やかな対応力を鍛える。

世界を仕事の場として選んだ外資系エアライン受験生にとっては、Webや口コミ情報が氾濫し、どんな対策をすればよいかがわかりにくいというのが実状です。
本コースはこうした外資系エアライン受験生を、現場をよく知る講師の密着指導と最新情報の提供により手厚くバックアップ。
また厳しい書類選考を確実にクリアするために、Webエントリー・英文履歴書・カバーレターの作成方法を徹底指導。
外資系エアラインが求める人材をよく理解し、そのうえで自分を的確にアピールできる英語でのコミュニケーション能力を養います。

無料セミナー&体験レッスンを申し込む

カリキュラムの特徴

面接対策

英語の面接対策の授業は
オールイングリッシュで自己表現力を
アクティブ・ラーニング。

英語でコミュニケーションをとる姿勢を自然に養い、自己表現力を磨くとともに、国際感覚を身につけ、様々なバックグランドを持つ受験者と競える力をのばしていきます。講師・クラスメイトとのインタラクティブなレッスンの中でリアルタイムの受験情報を共有し、直前の受験アドバイス、きめ細やかな個人指導を実践していきます。また、日本人としての大切な心構えを重んじることを日々のレッスンの中で学んでいきます。

Practical Curriculum (具体的な内容)

  • Fundamental Building(基礎力の構築)
  • Sought Qualities Analysis(求められる資質研究)
  • Credentials Outstand(効果的に自己PR できる手法)
  • Interview Mock up(面接シミュレーションの実践)
  • Strengths Proving(面接の心構え)
  • Communication Polishing(コミュニケーション力の向上)
  • Airline Terminology Studying(業界知識の習得)
  • Overall Outcomes Improving(総合的に競える力の強化)

一般教養対策(オプション)

幅広い内容をカバーする、
「一般教養対策」を学ぶ。

外資系エアラインが採用試験に一般教養の科目を設けていることに対応し、本コースではオプションとして「一般教養対策」を学ぶことができます。カリキュラムは国語と数学、時事を中心に幅広い知識を学んでいきます。※クラス開講時期などにより、履修できない場合があります。

具体的な内容

  • 国語
  • 日本史
  • 数学
  • 理科
  • 地理
  • 時事
  • 世界史

入学資格

高校卒業以上

合格者からのメッセージ

自分が秘めた可能性を
信じられるように。

スイス インターナショナル エアラインズ
/フライトアテンダント
国内大手2社/キャビンクルー 合格

山田 梨紗子さん

16歳で留学した時のこと。外資系航空会社の機内で日本人クルーを見かけるだけでその場がアットホームに感じると気付きました。次は私がお客様に安心を感じていただける存在になりたいと考え、外資系エアラインを志しました。しかし、外資系への就職活動は採用が不定期なために常に最新情報を入手しておく必要があります。また、どんな素養が求められ、どんな対策をしておくべきかわからず、モチベーションを維持するのはとても難しく感じていました。一人で追いかけるのが難しいこの夢を何とか叶えるため、ECCエアライン学院に通うことを決めました。ECCでは外資系航空会社で経験を積んだ先生方からオールイングリッシュの授業を受けることができます。語彙や文法だけでなく業界用語やクッションフレーズなども教えていただけ、自分のコミュニケーション力が磨かれていくのを日々実感できました。そして、英語を話すこと以上に、自分の意見を持つこと、それを相手に伝えることが重要だと再認識しました。今までは人の意見に流されがちなところもありましたが、面接やディスカッションの授業を何度も繰り返すうちに、自分の考えをしっかり話す力がつきました。採用試験で行われたグループディスカッションでは、その日初めて会った他の受験者とコミュニケーションを取り、日々の授業の成果を発揮できたと思います。また緊張している状況で何を質問されても、瞬時に英語で考え、まとめた答えを丁寧な英語で話せるようになりました。
外資系航空会社の日本人クルーになることができたのは、あの充実した日々のおかげです。

そのほかのコース