ECCエアライン学院

  • since 1984
  • ECCエアライン学院は、高校生から社会人までエアライン業界を目指す方のためのダブルスクールです

最新情報

国内エアライン受験対策コース

<ECC生 学内企業説明会>
フジドリームエアラインズ・
ソラシドエア・Peach Aviation・
ANA関西空港・ANA福岡空港・
JALスカイ大阪・JALスカイ九州・
Kスカイ・スイスポートジャパン

航空業界の
すべての職種に通用する、
新しい発想力と行動力を磨く。

日本政府は観光立国政策を推進しています。日常的に日本全国どの空港・機内でも海外のお客様と接するエアラインは、
日本の「おもてなし」を発信する最前線の業界であり、グローバルな飛躍を求められる業界でもあります。
そのため各社は若い行動力と新しい発想力を持つ人材を求めています。
当コースでは、キャビンクルー・グランドスタッフ・総合職・パイロットを志望するクラスメイト全員で切磋琢磨し、
各職種の連携と特徴を学習することで包括的にエアラインへの理解を深めていきます。
このクラス制が強い結束力を発揮するとともに幅広い知識となり、たくさんの合格者の輩出に繋がっています。
エアラインの採用試験は、どの職種もエントリーシート(面接対策)とWebテスト(一般教養・英語)が第一関門です。
次に面接試験が、形式を変えながら平均で3回実施されます。面接官から突然、英語で質問されることもあります。
理論と実践で構成されたカリキュラムと、各教科担任制が受験に必要な総合力を磨きます。

無料セミナー&体験レッスンを申し込む

カリキュラムの特徴

日本語面接対策

自己分析と企業研究、そして接客適性。
3つを中心に徹底してブラッシュアップ。

エアライン最新試験情報・既出質問を通して航空業界の全体像を知ることからスタートします。そして、エアライン各社の企業研究・職種研究、また身体基準などを含む「1. 企業の求める人材と能力を把握」、自己分析を過去・現在・未来に分けて徹底的に行い自己PRを完成させる「2. 自分自身を知る」、第一印象のブラッシュアップと面接マナーや質疑応答対策を徹底する「3.対人・接客適性を磨く」。この3つのプログラムを中心に、きめ細かくカリキュラムを設定。これらの成果を、定期的に実施する模擬面接で確認します。さらに模擬面接の様子を動画で撮影し、自分自身の質疑応答の内容、表情、話し方、身だしなみを客観的に見ながら「自分らしさを合格水準にまで」担当講師の指導のもと、積み上げていきます。

具体的な内容

    • 最新航空業界採用試験情報
    • 採用までのToDo
    • 動画・写真のポイント
    • エントリーシート作成
    • 美しい日本語
      (発声・言葉遣い・日本語アナウンス)
    • 面接のマナー(グループ・個人)
    • グループディスカッション対策
    • 模擬面接試験(動画撮影)
    • 体力測定・身体検査項目
    • 航空業界用語
    • 企業研究
    • 職種研究
    • 自己分析
    • スピーチ対策
    • 面接質疑応答
    • 身だしなみ

英語対策(免除システムあり)

多岐にわたる採用テスト対策を
効果的に組み込んだレッスン。

グローバル社会となった現在、国内エアラインであっても、英語習得は必須です。筆記、アナウンス、リスニング、英語面接、英語コミュニケーションテストなど、様々な採用テストを分析したオリジナルテキスト&テストを使用し、総合的な英語力の向上と伝える力の習得を目指します。毎回実施する復習テストで、実力アップの確認ができます。

具体的な内容

    • 文法
    • リーディング対策
    • 音法・リスニング対策
    • 語彙力アップ
    • 航空業界用語
    • アナウンス
    • 英語面接対策
    • 接客英会話(ロールプレイ)
    • 模擬面接試験(動画撮影)
    • 毎回の復習テスト

一般教養対策(科目別免除システムあり)

出題頻度が高いと好評の
オリジナルテキスト&テストで学ぶ。

国内エアラインの採用試験では、どの職種であっても厳しい訓練を乗り越える力と業務遂行能力を見極めるため、Webテスト、一般教養学力テストが実施されます。すべての科目でバランスよく得点を上げていくことが必要です。本学院修了生の受験データや航空業界で求められる業務適性をもとに作成したオリジナルテキスト&テストを採用。随時行われるテストで実力を確認しながら、出題頻度の高い国語・数学、そして世界情勢を理解するための時事を重点的に学んでいきます。

具体的な内容

    • 国語
    • 日本史
    • 数学
    • 理科
    • 地理
    • 時事
    • 世界史

入学資格

・高校卒業以上
・ECCエアライン学院の入学テストに合格された方

合格者からのメッセージ

自分の弱みと本気で向き合えたから、
私らしく成長することができました。

日本航空株式会社 客室乗務職 合格
他 国内大手航空会社 客室乗務職・グランドスタッフ 合格

小谷 由莉恵さん

本気でエアラインをめざそうと決めたのは高校3年生の頃。英語、一般教養、面接と、いくつもの課題を自覚していたため、すべてをバランスよく学べるECC エアライン学院を選びました。実際、クラスに通うことで英語や一般教養は早い時期から対策が行え、自信を持って試験当日を迎えることができました。面接のクラスで、まず最初に先生から指摘されたのは話し方でした。私は普段から早口なのですが、緊張するとさらに早くなるため、内容が相手に伝わりにくくなってしまいます。『面接は相手とのコミュニケーション』とアドバイスをいただいたことで、相手と呼吸を合わせた会話を意識するようになり、早口を克服することができました。また先生は、私の元気のよさや芯の強さを長所として残しながら、冷静さや落ち着きを身につけるよう指導してくださいました。弱みを隠したり取り繕ったりするのではなく、私個人と本気で向き合い課題を克服させてくださったからこそ、内定をいただくことができたのだと思います。先生が私たち一人ひとりと向き合ってくださったように、私もこれからはお客様一人ひとりに心を配り、快適な空の旅を提供したいと思っています。

空の安全を守り、
安心を作るプロをめざして。

全日本空輸株式会社 グローバルスタッフ職(技術) 合格

渡辺 拓也さん

「どうして空を飛べるんだろう」。幼少期は飛行機を見上げながらいつもワクワクしていました。そして家族旅行で飛行機に乗った際、ライン整備士の方が安全のために働く姿に心を惹かれ、技術職に興味を抱くようになりました。ECC エアライン学院へ入学した当初、模擬面接では準備していない質問に戸惑い、上手く答えることができませんでした。そこで僕が心がけたのは、クラスメイトの答え方を参考にしながら、何度も何度も練習することです。これだけ準備したのだから大丈夫だと自信がつき、堂々と話せるようになりました。ANA の最終面接では、「安全と安心の違い」といった明確な答えのない質問もありましたが、これまで積み上げてきた努力と数多くの面接経験から、「安全は数字で示せるが、安心はお客様の心が決めること」と自信を持って答えることができ、これが内定につながったのだと思います。空の安全をこの手で守り、お客様に安心を届けられるプロをめざし、今後も努力を続けていきます。

そのほかのコース