会社概要
ECCエアライン学院はECCグループです。
社名 株式会社ECC
代表/代表理事 山口勝美
設立 1962年6月
グループ資本金 4,500万円
講師数 3,698名
生徒総数 378,120名
所在地 大阪市北区東天満1-10-20

ECCエアライン学院 沿革
私たちは他校に先駆け、1984年に「ECCスチュワーデス学院」を開設して以来、30年間近く指導育成を行ってきました。その間、日本の航空業界は大きな影響を4回受けました。90年代半ばからの規制緩和による新航空会社誕生と、2001.9.11テロ、 2008年未曾有の原油高騰、続くリーマンショックです。そして5回目は、LCC(格安航空会社)という新しい発想の航空会社の台頭です。2011年、日本初のLCCが全日本空輸(2社)と日本航空(1社)グループに誕生しました。低価格競争とサービス・安全という難しい舵取りの中、求められる人材は、各々のエアラインのコンセプトを理解できる人です。笑顔に秘められた仕事に対する理解、責任感、判断力。同僚やお客様とのコミュニケーションの基本となる「英語力」と「美しい日本語」が大切なポイントです。小手先のテクニックは通用しない世界だからこそ、「自分を見つめ、自分をつくる」ことからはじめ、その上に必要な知識を積み上げていきます。
年表  
1884 ECCスチュワーデス学院 創立
1999 ECCエアライン学院に名称を変更
2000 大学にて「航空業界セミナー」をスタート
2005 エミレーツ航空 ECC生推薦採用。2008年9月の募集まで計13回実施。
2007 アリタリア-イタリア航空 ECC生推薦採用。2012年5月の募集まで計6回実施。
2009 エティハド航空 ECC生推薦採用。9月と11月に計2回実施。
2010 フィンエアー 採用窓口業務をスタート。2011年8月の募集まで計3回を担当。
2012 エバー航空 ECC生推薦採用を実施。